昨年に引き続き、旅するピアニスト川上ミネの浄興寺公演決定です。

2024/5/18(土) 15:00開演 14:30開場
国指定重要文化財浄興寺
入場料:前売り5,500円 当日券6,500円
プレイガイド:浄興寺志納所(9:00~16:00)℡025-524-5970
       上越文化会館(9:00~17:00) ℡025-522-8800
主催:UNISONクリエイト
共催:川上ミネ音楽事務所

日本、スペイン、中南米各地の情景を色彩豊かに音で表現する。
NHK「猫のしっぽ カエルの手」「やまと尼寺精進日記」「やまとの季節二重四節気」を始め多数の楽曲を提供。

世界遺産でもある、清水寺や春日大社では毎年ピアノリサイタルを開催。
国指定重要文化財浄興寺の魅力に魅せられ、今年もお越しいただきます。

御本人からのメッセージを御覧ください。

5月、田植えの準備が進む水田には水が張られ、その水面はまさに鏡となって、いまだ雪を戴く妙高の山々を映し出す短くも特別に美しい季節がやってきます。
この時期の自然と響き合ってみたくて毎年上越へ行くようになり、おかげさまで今年、第3回目の演奏をさせていただく運びとなりました。
舞台となる浄興寺の本堂は、長い年月と共にいにしえの人々の清らかな祈りが染み込み、その木材によって共鳴するピアノの響きはまるで本堂全体が巨大な
楽器と感じるほど美しい音世界を生み出します。皆様も一度この響きを体感していただければ、唯一無二の繊細で豊かな浄興寺の音世界にきっと驚かれることでしょう。
世界も日本も、そして私個人の中でも体験したことのないほどの様々な激震が走ったこの一年間、音楽が持つ途轍もない力を益々強く感じながら、
私の心の耳に聴こえてくる一つ一つの響きを書きとって参りました。この音楽が、ご来場くださる皆様お一人お一人に幸せと安らぎとなって響くことが叶えば、これほど幸せなことはありません。
爽やかな風が吹く季節の上越。研ぎ澄まされた静寂の浄興寺本堂で、ピアノを通して皆様と共に普段行くことの出来ない世界まで是非ご一緒に旅をしませんか。 川上ミネ

・浄興寺2024
・長久手
・満月のリムセ(阿寒湖アイヌシアターイコロ新演目主題曲、挿入曲)
・ヘルシンキ
・しあわせガリシア(NHK「しあわせ気分のスペイン語」主題曲、挿入曲)
・道(NHK「猫のしっぽ カエルの手」挿入曲)
以上の新曲を携えて、皆様にお会いできることを楽しみにしております。

先行して3/6よりチケットぴあにてチケット発売開始。
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=2408945

プレイガイドでは来週からの発売を予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です