本年度スモールコンパクトパフォーマンス最後の公演となりました。
今季最後は、クラシックギター会のプリンス木村大とオンリーワンの存在感を放つピアニスト榊原大の
ダブル大による公演です。お二人は長らくユニットを組んでおり息もピッタリ。
ジャンルの枠にとらわれないハイレベルな演奏をお聞かせいただきました。
今季のpSCPもコロナ禍ではありましたが非常にご好評いただきました。

今年はすべて大ホールの限定200席のゆったり公演でしたが、来年は中ホールを基本として行う予定です。
現在アーティスト選定中。どうぞお楽しみに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。