エコトレッキングイン池の平

「秋のエコ・トレッキング in 池の平」 
ホルンアンサンブル演奏出演!

2006年10月29日(日) 池の平温泉イベント広場(いもり池のそば)にて、池の平観光協会様の依頼を受けてホルンアンサンブルを演奏しました。

この「秋のエコ・トレッキング in 池の平」 は、数年前から開催されているイベントで、秋のもっとも美しい季節に、ごみを拾いながら歩くというイベントです。

私たちは、参加者の皆さんが戻ってくる会場でお迎えと休息のBGMを担当する役目です。
依頼は、アルペンホルンの演奏を加えてほしいとのことでした。

当然、アルペンホルンは保有しておりません。が池の平の「ロッジコクハ」さん所有の東ドイツ製の本格的アルペンホルンをお借りすることが可能ということで、
なんとか出演を工面したいと当方の在籍する上越交響楽団のホルン仲間に声をかけ、須田・森・福富・綿貫の布陣で演奏することにしました。

ロッジコクハさんは、オーナーが大の音楽好き兼クワイヤーでもあり、当方もお二人の娘さんと高校の吹奏楽部の後輩でもあり、縁の深い方です。

本番3週間前に楽器を直接借用に上がり、そのアルペンホルンが、当方が昔指導を受けたホルンの守山光三先生が直接東ドイツから買い付け、もってきたとの話をお聞きしました。
今でもコクハさんに守山先生をはじめとして、音大のホルン専攻の生徒さんが時折来ているとの話もお聞きし、次回の機会にはぜひご一緒できればなあと感じました。

さて、本番に向けての合同練習を柏崎で実施。
アルペンホルンのアンサンブルは全員が初めて。実際に吹いてみると、調はF管なのですが私たちが吹いているフレンチホルンよりもマウスピースが大きく、実際に息の量も多く必要でとても体力がいることが判明。30分のステージを全部アルペンホルンで吹くことは断念。
ついては、フレンチホルンの起源はアルペンホルン、まずはフレンチホルンのアンサンブルをお聞かせし、最後にアルペンホルンの勇壮な響きを聞かせよう!ということになりました。
当日は、晴天で逆に汗ばむ陽気。12時をこえ参加者のみなさんが続々会場に戻ってきました。



本番は当方が進行役をしながら進めました。
およそ、1000名くらい?の方々が戻ってきたので、演奏スタート!
フレンチホルンは後方に音が出て、かつ反射する場所が必要。しかしそんな贅沢な環境ではないのですが、なんとかもう少し音を聞かせたいとのことで、組み立て式長机を活用して簡易反射板に。
これは効果大でグッドでした。アルペンホルンは前にストレートに音が響き、この音で当時は狩の合図やさまざまな合図に使われてきたのだなあと実感。

とっても楽しくも素敵な体験でした。

またの機会をよろしくお願いします。

カテゴリー: 音ブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">