音楽葬のお手伝い

音楽葬のお手伝いをしました

最近、新潟市内にて音楽葬のお手伝いをさせていただきました。
当方のホームページをご覧いただき、お問い合わせをいただきました。
体調を崩されているお身内の方に万が一があった場合、手作りの音楽葬でお送りしたいという、また弦楽奏でお送りしたいという
とても心のこもったお話でした。
メールにてお話をお聞きし、形式ではなく、心からの葬儀をしたいというお気持ちにまずは共鳴と感動をし、当方でできるならばお手伝いできたらと直感しました。
ネットワークを駆使し、対応可能なアーティストの方々を選定、当初は近郊でということで選定しておりましたが、もしものときに、いつでも確実にご依頼にお答えしなければいけないというまずは第一条件を考慮し、東京で活躍されているプロの奏者のご理解を得て、準備が整いました。

ちょうど新潟市内へ出向く予定もあり、ご依頼者の方と打ち合わせをさせていただき、なんとしてもご希望にかなう音楽葬となるべく、
心を新たにいたしました。
その翌日朝、喪にふされたとのご連絡をいただき、ご家族のお気持ちはさぞや辛いものだったでしょう。
そのお気持ちを感じながら、当方に与えられた責務を果たさなければなりません。
すぐに、アーティストの方に連絡をとり、予定を打ち合わせました。

当日、東京からバイオリンの上保朋子さん、チェロの高橋義人さんが到着。
上保さんは東京でプロホルン奏者をしている当方の後輩からご紹介をいただきました。
なんと、当方の娘が師事している上越市のバイオリンの先生と音楽大学の同期ということもわかり、なんというご縁かと驚いたしだいです。

会場にてご依頼者との打ち合わせ後、音楽葬となりました。ご依頼者が構成された進行表に沿いながら、音楽が会葬者の皆様の心に響きます。
そして、1時間ほどの葬儀が終了いたしました。

私にとって、今回の音楽葬はさまざまなことを教えていただきました。
演奏者の方々も、まずは皆様の暖かい気持ちがあふれた心温まるご葬儀に感動し、いつにない緊張感の中で演奏されたとのことです。

さまざまなご縁がここで生まれました。
お亡くなりになられました方にはご冥福をおいのりいたしますとともに、
ご家族の皆様のご多幸を祈念しております。

カテゴリー: UNISONクリエイト   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">