若林顕ピアノリサイタル

2016/1/17 今年最初のBig Jobは若林顕さんのピアノ調律でした。
久々文化会館大ホールでのピアノソロコンサート。
大ホールに素晴らしい音楽が響き渡りました。

大ホールのスタインウエイはしばらく調律されていないこともあり、前日午前中にアップ、
その後、15時から21時までのロングリハーサル、再度当日に調律を実施し、その後は会場5分前までリハーサルされてました。
開演前までの20分程度が残された時間。お客様が入場される中、私は黙々とステージ上で最後の仕上げにかかります。
コンサートの仕事の醍醐味でもあり、最も緊張する場面でもあります。

一部終了まで袖に待機、戻られた際にピアノの様子を確認、「このままでよいよ」の一言でこちらの仕事はほぼ完了です。
後半は客席で演奏とピアノの音色を楽しみました。

本当にピアノのコンサートが減ってしまって、原因は諸所あるのは分かるのですが、今回は500円という特別プライスの公演でもあり、
このような機会に大ホールが満席になるくらいのピアノ好きエリアになってほしいなあと実感しました。

こちらも、やはり現場ありでレベルアップしていくので、自らで招聘するコンサートも含めて、
今年も頑張ろうと気合いの入った仕事でした。

若林顕さんの奥様はバイオリンの鈴木恵理子さんで、数年前には浄興寺にて公演をしていただいた経緯もあり、久しぶりの再会でもありました。

今回と同プロで行われた30日のサントリーホールの公演も、さぞ盛況だったことでしょう。
日本のピアノ界をけん引する一人でもある若林さん、またお会いできる日を楽しみにしています。DSC_0296

カテゴリー: UNISONクリエイト, 調律   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">